カンジダの薬

カンジダの薬・膀胱炎

カンジダの薬・膀胱炎

女性が発症しやすい病気として、カンジダ膣炎とともに膀胱炎があります。

 

カンジダ膣炎、膀胱炎ともに女性の体の構造が原因になっているんです。

 

それは、男性に比べて女性の尿道は短い為なんですね。

 

尿道が短いと、細菌などが尿道を通って膀胱に入りやすくなります。

 

さらに、膣や肛門が尿道に近いこともあって、まして細菌が膀胱に入りやすいんです。

 

女性は男性に比べて、尿意を催してもすぐにトイレにいけない事も多く、ついつい我慢をしてしまう事が原因とも言われています。

 

根本の原因は、カンジダ膣炎と同じように疲労や睡眠不足、冷えなどにより、体力、免疫力が低下すると発症しやすく、セックスの後に膀胱炎を起こすというケースもあるところはカンジダ膣炎と全く一緒と言えますよね。

 

また、カンジダ膣炎と膀胱炎はもともと体内にある常在菌で起こり、通常時であればどちらも防御システムが体にあるので問題のない菌だということ。

 

このもともとあるそれぞれの菌が増殖して悪さをするという原因にも共通点があるんです。

 

膀胱炎の治療中にカンジダ膣炎に、逆にカンジダ膣炎の治療中に膀胱炎になってしまいケースも結構あるんです。

 

膀胱炎の治療をしたらカンジタ膣炎になったと言う人は、膀胱炎の治療に使われる抗生物質が原因なんですね。

 

抗生物質の効果で、善玉菌までが除菌されてしまい、カンジタ菌が増えてしまうからなんです。

 

膀胱炎の治療でカンジタになり、カンジタの治療をしたらまた膀胱炎になったという「負のスパイラル」に陥ってしまう人もいるようです。

 

両方の予防策とすれば、簡単なようでなかなか難しいとは思いますが、なるべく疲れやストレスを溜めないように生活する事が大事ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ