カンジダの薬

カンジダの薬体験

カンジダの薬体験

まさか自分がカンジダに罹るるなんて、夢にも思いませんでした。

 

仕事が忙しく、毎日残業が続いていましたが、寝不足気味程度で体調はそれほど悪いとは思っていませんでした。

 

確かに、外食が多く栄養バランスは良くなかったかもしれません。

 

そんなある日のこと、恥ずかしい話ですが、デリケートゾーンを激しいかゆみが襲ってきて、いても立ってもいられなくなりました。

 

おりものにもヨーグルト状の塊が混じっていたので、思い切って産婦人科を受診しました。

 

先生が出した結論は「膣カンジダですね」というものでした。

 

それを聞いたときは、恐ろしい性病だと思い、血の気が引いてしまいました。

 

ところが、先生曰く「膣カンジダは女性の5人に1人くらいは罹る病気で、ストレスや疲れなどによってカンジダ菌が増えて悪さをする」との事で一安心しました。

 

最近の忙しさから、免疫力が低下してカンジダになってしまったんでしょうね。

 

カンジダは再発する割合も高いので、体調管理に十分注意するよう言われて、薬を処方してもらいました。

 

薬の効果で、今のところは再発の可能性も無いようですが、インターネット通販でジェネリック薬を購入して家に常備してあります。

 

何時再発するかわからないし、パンストなどによりムレた状態になると再発しやすいらしいので、「保険」の意味で購入しました。

 

「膣カンジダ」自体は命にかかわるような病気ではありませんが、パートナーにも感染してしまうことがあるらしいので、日頃から気を付けていたいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ